―特別サロン― 地図とコンパスの基本姿勢

                [村越 真]


■基本姿勢(其の壱)
 マニュアル的に書くとすれば:1)レッグ(地図上での現 在の進行方向)に並行に、そこから約5cm左側(左手で持つ場 合)を折る。2)親指と人差指を地図のうえにのせ、レッグ を2本の指ではさむ。3)親指は現在位置を示すように置く。 4)レッグが変わったら、地図の折り方も変える。地図は小さく折 りすぎてはいけない。レッグ全体が見えないと、その場かぎりのル ートチョイスをしてしまう可能性があるから。

■基本姿勢(其の弐):コンパスを持つ
 コンパスの持ち方?そんなの教えられなくても・・・といわず に聞いてください。
 私は、両手で地図とコンパスを持つ場合は、図のように左手に地図、右 手にコンパスを持っています。(通常は、左手でコンパスも地図も持って いる)。
 図のようにコンパスを持つメリットは、コンパスを持ちかえずに正置が できることです。OLの基本は地図読み、そのまた基本はきちんとした正 置で地図と現地をしっかり対応出来ることです。少しでも正確な正置のた めに、常に地図とコンパスを重ねあわせて正置をしましょう。

■基本姿勢(其の参):ポストやアタックポイントで立ち止まって地図を見るとき
 本当にきちんとした正置をしたいときは必ず止まる。地図は地面と並行 にし、コンパスを使って正置をする。頭をかぶせそれを上から覗き込むよ うにする。これによって地図と現地がきちんと対応でき、「地図上でこっ ちに行きたい!」と思ったら、そのまま視線を地図から現地に移動させ、 その方向に進む。
 例えば複数の尾根線が出ているようなところでポストがある 目的の尾根に乗りたいとき、次のポストまでの間に明確な特徴 物がなく、ポスト直後から正確なOLが必要とされるときには 不可欠の姿勢である。

目次に戻る