自分を制してレースを制す

走りたい早く行きたい気持を押える自制心と 自分に注意を喚起する心が勝負の決めどころ


 「自分を制する者はレースを制す」。どこかで聞いたような セリフですが、OLのレースこそこの言葉がピッタリ。ただ思 いっきりやれば良いというたぐいのスポーツではなく、冷静に 考え、自分の感情をうまくコントロールできなければ勝ち得ま せん。
 「自分を制する」なんてかっこいいけど、でも実際にはどう すればいいの? なんて疑問に答える為に、誰でも出来そうな ことをあげてみます。大したことじゃない、ただちょっと気を つければいいだけだと思うのです。
■アタックポイント(AP)で一時停止
 APできちんと止まれる人は、それだけで高い能力をもって います。易しそうなポスト位置だと、そこまでダーッと走って きたその勢いで、ポストに突進しがち。9割それで早くうまく いくかもしれません。でも、そのやり方を続けていたのでは、 ミスをしやすく、いつまでもうまくはなりません。交通信号方 式をちゃんと守って、APでは自分に一時停止をかけましょう。 そしてまず正置、それから、(1)まわりの状況と地図を合わせ、 現在位置を確認。(2)ポスト周辺の地図読みを丹念にする(進む 方向から、及びポスト周辺の全体のイメージをつかむ)。(3)必 要に応じてコンパスセット、歩測数計算。ポストを目の前にし て、まどろっこしく感じるかもしれません。でも本当に高い技 術というのは、これらの手順なしでアタックできるというので はなく、いかに確実に早くその手順を行なうか、なのです。何 秒か止まったって仕方ない。それはロスではなく、ポストヘ行 く上での必要な時間なのですから、そのことを勿体ないと思う ことはありません。大切なのは、APで止まることによって、 きちんと気持ちを切り換え、ここからは慎重に、と自分をコン トロールすることです。
■人に会ったら自分に警告
 これが一番難しいかもしれません。人に会うと自分のリズム を狂わせがち、気持が暴走して、とんでもないミスをすること があります。人に会ったら、まず目をつぶって3つ数える。そ して自分が冷静に自分のOLを続けることを確認してください。 その後はお好きなように。その相手と競争するなり、我が道を 行くなり、冷静になった後なら、どうしたって大丈夫。要は、 人に会ったら自分に「気をつけろ!冷静になれ!」と警告を 発し、そういう精神状態になるまでじっとがまんすることです。
■危険を予知する
 次のポストヘ・・・ポスト間の地図読みをして、走り出す時、「ち ょっと待った!」もう一度地図の読み直し。今度は別の面から の読み方で・・・行く先に危険な箇所、ミスりやすい所はないかを 見て下さい。簡単そうでも、意外に落とし穴があるもの。手前 に似た所はないか、行き過ぎたら何があるか、今一度確認を! さあ次へ・・・と 誰もが走り出したくなる、その時こそ「自分を制 する」頭の見せどころ。ぐっとおさえて2度目の地図読みをし ましょう。ミス防止に効果てきめんです。
 スタート枠の中で思うことは、これひとつ。
「目分を制する者はレースを制す。」

目次に戻る