チェックポイントが決め手

0Lの基礎技術・チェックポイントは要所を先に はっきりと 確実に


 全日本大会が間近に迫ってきました! 準備の方は、いかがですか?
 「技術サロン」では、「全日本大会必勝法!これを読めば必ず勝てる!」というタイト ルの文を掲載、といきたかったんですが、知らないもので・・・。でも必勝法なん てないですよね。基本に忠実に冷静に走ることが一番。
 という訳で、全日本大 会に向けて皆さんに贈る言葉は、「チェックポイント(CP)が決め手!」にし ました。以下に書くことは、OLのごく基本、「なんだ、あったり前じゃない」と 言われるようなことですが、ミスを防ぎ、ミスを小さくする為には最も大事な 基本です。どうかもう一度、この基本を唱えてみてください。
■CPは要所を選ぶ
 簡単なようで難しいのが、CPをうま〈選ぶこと。速い人との差は、ここで出 てくるんですよ。たくさんチェックすればいいってもんじゃない。ラフに走れ る区間は要所だけのチェックを、そして、ポスト近くでは、より慎重に小刻み に位置をチェックしましょう。
■CPは先に読みとる
 常に地図の先読みを! これは、OLのスピードをあげるにはいつも意識せね ばなりません。特にCPでは必ず行く先々を読みとっておきましょう。“要所” を“確実”にとらえる為の必要条件です。泥縄式に、分岐点に着いてから地図 を見ていたのでは、立ち止まりの回数も時間も多くなるし、思い込みによるミ スもしがちです。慣れない人はポストからポストヘルートを決める時、いっしょ にCPを決めてみましょう。やっているようで案外やっていない ことが”CPを先に読みとる”ことなのです。
■CPははっきりとつかむ
 地図上で決めたCP、さあ、そこはどんな場所ですか?
 “道の交差点”だけでは不足です。どんな交差点? えーと鞍部にある交差 点で右手前にセミオープンがある。そこで行く方向は? ”左”だけでなく、 左へ沢の中へ急にくだる道。こんなふうに、CPは複数の見方で、その形状をしっ かり頭の中にたたきこんでおきます。そうすれば、その地点に着いた時、そ こが目指す地点かどうか、すぐ見分けられ、違う場所と“間違えた”なんてこ ともなくなります。
■CPは確実にチェックする
 CPは「これかな?」ぐらいの自信で、通過してはいけません。CPに着いたら地図 に印をしておきましょう。いえ、赤鉛筆を出さなくても結構。ただそれぐらい しっかりと、その地点を通過したことを意識してください。それぐらいの構え があると、オーバーランや自信喪失によるミスはしません。ミスをし た時、“ここまでは確か“という最大級のヒントを得られます。「ふわふわと した状態」で走れば危険がいっばい。ピッピッと、常に頭 を働かせて走りましょう。
 こんな基本も、スピードをあげれば、それだけ難しくなります。決してあな どることなかれ!

目次に戻る