コンスタントに走る

立ち止まらないことが好成績につながる――そのやり方と秘訣


 「どうしていつも勝てるの?」なんて、よく聞かれます。その度に私自身も 「さあー???」。足といい頭といい、他の人より優れているところなんてひ とつもないのにね。それでも“強さの秘訣”とやらを何とか格好をつけて言わ なければならないときは「コンスタントに走る」からだと答えています。何と も迫力のない“秘訣”だと思う方もいるでしょう。人それぞれに合った走り 方があるとは思いますが、でも、このコンスタントに走る、つまり最初から最 後まで一定のベースで走り通すことは、OLにおいては案外難しく、そしてけっ こう好成績につながるものなのです。今回は私が「コンスタントに走る」為に どうしているかなどを思いつくままに書いてみたいと思います。
 スタート時、 地図を渡されるとコースにざっと目を通し“構え”を決めます。難しくて長い コースなら、「押えていけ。あせらずにミスるな。」簡単で走力コースなら、 「最初から飛ばさないと勝てないぞ」。つまり、スタート前に自分のベースを 心構えておく訳です。
 そしてレース中最も大事なのは、“止まらないこと”と」 思っています。スタートからゴールまで“一定のペースを保つ”にはインター バル走法のような走り、どーっと走ってはピタッと 止まって地図を読むというやり方は不向きです。スローぺースでもなるべく止 まらずにたんたんと走ると、結果的にはずいぶん速いものです。
 止まらない為 には、当然走りながら地図を読めなくてはなりません。地図を読むときはかな り走るスピードはダウンしてしまうけれど、たとえ足ぶみ状態であっても、 “止まらない”ようにして地図を読みます。読みにくい時は、地図を両手でも つと少し読みやすくなります。
 読むところは常に先です。つまり「この先鞍部 に道があってそれを右に沢へくだる」というように、なるべく詳しく正確にCP を地図上から先に読み取っておけば、その地点に来た時“あたかも知っている 場所のように”スムーズに通過できるのです。きちんとサムリーディングをし ながら、読むところは常に先を―ちょっと難しそうに思えますが、現地と地図 を同時に見比べるのよりは余裕があるはずです。いつも地図を連続して読んで いなくてはなりません。“走るだけ”のレッグでも、ただ走るだけでなく、常 にサムリーディングを心がけ、できれば次のレッグのルートを読み取るように します。
 「コンスタントに走る」ことの大敵は、ミスとライバル。ミスらない ように注意するのは言うまでもないことですが、ミスをいかにリカバーするか も同じくらい大切。私は「しまった!」と思った時点で、止まってどういうミ スをしたかを考えます。前のポストからここまで、“常に地図読み”を怠って いなければ、たいてい“ミスの原因”続いて現在位置が浮かびあがって きます。現在位置をつかんだら、また“ぺース”を守って走り出し ます。ぺー スを取り戻すまで、わざと簡単なルートをとる こともあります。
 ちょっと“消極的”かなあと自分では思います。でもこの走 り方が自分のタイプによく合っているので、効を奏しているのだと思います。
 人それぞれに体質や性格に応じた走り方があるでしょう。ど のやり方が良い悪いというのではなく、自分が自信を持って走 れる方法を見つけていくことが最良かもしれません。また自分の走り方を守る だけでなく、更に速くなるためには、他の入達の走り方も参考になるでしょう。 皆さんのご意見をお聞かせください。

目次に戻る