減量・尿酸日記

2006年2月1日: 
 再検査を1月に実施、それまでに体重を5キロ落として望んだ結果、なんと6.5に。体重の割に9.5は多すぎの数値だと思っていたのでよかった。いままでの健康診断では7.9までを評価Aにしていたが、今回からは6.9までに変更するとのことで、それでもA評価に入ってうれしい。

2005年10月11日: 
 健康診断結果出た。診断日は体重85.6kg、尿酸値9.5!!!、過去最悪。

2004年10月12日: 
 健康診断結果出た。診断日は体重80.2kg、尿酸値7.2で評価はA。診断日には必ず血圧が高くなるのでやや高め。心電図も左室肥大とかになっているが、これも血圧高いと出るらしい。

2004年4月21日: 
 去年の秋からまた減量意識して、年末のバリ旅行もなんとかしのいで80の大台を割るも、ほとんど固定状態。年度末は食欲がなく、減少したものの新年度の緊張感で毎日ビールのみ状態で増えつつあったのでここ数日は酒をやめ、食事を減らし加減にしたらあっというまに2キロ減。腹まわりが大きくなっているので毎日の腹筋30回もやり始める。75まで減らして維持するのが一応の目標なのだが、よほど強いモチベーションがないと無理のような気がしている。

日付 体重(kg)
2003.10.1 82.5
2003.11.1 81.5
2003.11.15 81.5
2003.12.1 81.0
2003.12.15 78.5
2004.1.1 78.5
2004.1.15 80.5
2004.2.1 81.0
2004.2.15 80.0
2004.3.1 80.5
2004.3.15 80.0
2004.4.1 78.0
2004.4.15 81.5
2004.4.21 79.0

2003年10月15日: 
 今年は夏から体重増加、ビール飲み過ぎ状態になりつつある。職場の健康診断は前年から5キロ増になってしまったものの尿酸値は7.6で評価はA。

日付 体重(kg)
2002.9.15 77.5
2002.10.1 79.0
2002.10.30 77.5
2002.11.15 78.0
2002.12.1 79.5
2002.12.15 78.5
2003.1.1 81.0
2003.1.15 79.0
2003.2.1 79.0
2003.2.15 78.0
2003.3.1 78.5
2003.3.15 77.0
2003.4.1 77.5
2003.4.15 78.5
2003.5.1 79.0
2003.5.15 77.5
2003.6.1 78.0
2003.6.15 78.5
2003.7.1 78.0
2003.7.15 80.0
2003.8.1 81.5
2003.8.15 83.5
2003.9.1 82.0
2003.9.15 82.0

2002年10月8日: 
 去年秋からの減量モードも順調に進んで 6月にはここ15年間で最軽量になった。また暑い夏が来てビールを飲み始めて太った去年の轍を踏まないように今年は飲んだら走る(飲むなら走る)を実行。なんとか80キロに戻らずに夏を乗り越えられ、職場の健康診断は前年から7キロ減で迎えた。尿酸値は7.0で評価はA。尿酸値は完全に体重に連動しているのが実感。

日付 体重(kg)
2002.3.1 76.5
2002.3.15 75.0
2002.4.1 77.5
2002.4.15 76.5
2002.5.1 76.0
2002.5.15 76.5
2002.6.1 75.0
2002.6.15 76.0
2002.7.1 77.0
2002.7.15 77.0
2002.8.1 76.5
2002.8.15 79.0
2002.9.1 77.5
2002.9.15 77.5

2002年2月19日: 
 青梅マラソン、何とか完走。14キロくらいから左ふくらはぎがけいれんの気配をしだして、20キロくらいでほとんどつりそうになって減速、今度は右のふくらはぎ、 両足の指、などとけいれんが場所を変えながら襲ってきた。それでもしばらく我慢しているとなんとか収まって、遅いながらも歩かずにゴールまでいけた。タイムは3時間25分36秒で7638位 。去年初めて完走して3時間26分4秒だったので30秒くらい更新か。沿道の応援には本当に励まされるし、知り合いがわざわざVAAMを買って手渡してくれたのには感激。VAAMって高橋Qちゃんが飲んでいるらしく、脂肪を早くエネルギーに使うことができるとのこと。減量 にはいいのではないだろうか。翌日体重は76kgに減っていた。

日付 体重(kg)
2001.10.1 84.0
2001.10.15 82.5
2001.11.1 82.0
2001.11.15 81.0
2001.12.1 81.0
2001.12.15 81.0
2002.1.1 80.0
2002.1.15 79.0
2002.2.1 78.0
2002.2.15 77.0

2002年1月20日:
 昨年クリスマスには78kgまで落とすことができ、年末年始をなんとか1kg増で乗り切り、現在78kg前後で推移している。2月17日の青梅マラソン30キロに4年目の参加。去年は初めて完走(といっても制限時間4分前のタイム)したので今年はさらに記録アップを目指してジョギングを結構やっていたら足の付け根に激痛が走った。内転筋の炎症と言われた。ジョギングしすぎではないかとのこと。1日寝ていたらうそのように治ってしまったのでまたすこしずつ走り始める。去年は体重80kgでの参加だったので今年はもっと軽くして22キロ地点でつった足をなんとかもっと持たせたい。

2001年10月5日:
 年1回の健康診断の結果が出たが、前日に大酒を飲んでしまったためか、体重増もあってかまた尿酸値が8.5になってしまった。

2001年9月19日:
 この夏はめちゃくちゃ忙しく、睡眠もあまりとらない状態だったので、食べないと日中ふらふらするようになったのを言い訳にビール飲んで秋田や関西のうまいものを食いまくったのでまた体重増!!

日付 体重(kg)
2001.6.1 79.0
2001.6.15 77.0
2001.7.1 80.0
2001.7.15 80.0
2001.8.1 82.0
2001.8.15 83.0
2001.9.1 83.0
2001.9.15 84.0
まずい!!。また減量モードにしよう。

2001年6月8日:
 去年の7月から治療している高尿酸血症ですが、ついに克服の時を迎えた! 5月31日に両国の田島病院で尿酸クリアランス検査を受けた。今までの東京女子医大膠原病リウマチ痛風センターでの治療は見限り、インターネットでさがした田島病院の院長大山先生(現在両国東口クリニック副院長)はメールで医療相談も受けて下さいます。痛風メーリングリストもあるので痛風の方はぜひ見ることをおすすめします。で、減量 したのでもう薬止められると判断したい、相談したところ、この検査を受けたらどうかと言われました。検査結果 は、尿酸値は7.2mg/dlで正常範囲の7.0より若干高いが、一度も痛風発作が出ていないことを考慮すると薬を飲む必要はないでしょう、と言われました。 さらに、「尿酸が排出されにくいのは体質でしょう。今後も太らないように管理して、プリン体の多いものを必要以上に食べ過ぎないように、要はいろいろな種類のものを食べ、水分は沢山取るようにしていれば大丈夫。定期的に尿酸値は測るようにしてください」。

 摂生の甲斐があったと、帰りがけに両国ビアレストラン隣の和食屋で地ビールで乾杯!してしまったが、プリン体の多いビー ルという刷り込みが入ったためかまずかった。ミニちゃんこ鍋セットで渋く菊正の熱燗でやり直し。はらわたにしみるくらいうま かった。

2001年5月27日:
 子供の通う幼稚園の通信に載せた記事です。

【減量大作戦PartII】

 遠足では、皆さんに「痩せたねー」「別人28号だねー」と声をかけられ、ますます気をよくして減量 に励むという良いサイクルにはまった模様であります。思うに大学までがんがん運動していたので海に行くとあばら骨が見えるくらいの肉体が、赴任した秋田での 地獄の様な(ある年は半年間で休日たった1日、ある月は残業が360時間、深夜に仕事終えて飲 みに行って最後に焼き肉屋でビールと激辛ラーメン、泊まり込みがはじまってからは差し入れ のカロリーメイトをコーヒーでむさぼり食うという)日々がたたって3年で20キロ太っちまっ た。 交通事故で死にそうになって、「これで死んでたと思えば怖いものはなにもないすな」と会 社やめ、でぶはまずいので第一次減量作戦。4ヶ月で13キロ落とした方法は、酒断ち、スポーツ クラブでエアロビと筋トレと水泳やって夜はもやしとアルファルファだけ、という過激なも の。市の親善でドイツに行ってビール水替りに飲んでたので2ヶ月くらいでリバウンド。東京 に戻ってもでぶだったが、仕事で3ヶ月行ったインドネシアでは下痢が1週間止まらなかった りしてまたややスマートに。が、また太り、でぶ専、ヒゲ専のニョーボと出会って3週間で結 婚してからはでぶ道一直線。痩せないでねというニョーボの悪魔的お願いにあぐらをかいてい たのでした。 今回の減量のポリシーは、「長い期間かけて痩せる」。月1キロペースで落とすことを主眼に、痛風センターの食事指導も受けて1日 2000kcalに設定。最初の2週間目くらいがきつかった。体力落ちた気がして、夏のランニング もきつい気がした。これを乗り越え、だんだんと胃が縮んできたのかあまり量は食えず、脂っ こいものも受け付けなくなった。ぎとぎとラーメンが好きでラーメン部長と異名を取るほどが 今年たった4杯しかたべないほど(セーブしてることもあるが)。空腹が快感になってきたら しめたもの。あと、鏡にうつる我が肉体がかつての栄光に近づいたのを見ると、うーんかっこ いいじゃん(おれってナルちゃん?)。まあ、10年後もでぶにもどらなかったらちょっと自慢してもいいかなと思うけど、やせるのは誰でもで きるっすよ、ほんま。

【減量Hints&Tips】

 奥様方、お待たせしやした。日常食らっている安くてうまくて低カロリーメニューなど一部紹介します。

おからサラダ:青梅の繭蔵という店でニョーボが食べて感動して作ってくれた。おからをから 煎りし、トマト、レタスなど適当な野菜を刻んで混ぜ、マヨネーズ少しとドレッシング(また は酢やレモン汁)で和える。

玄米メシ:ニョーボの小学生の同級生の石川の農家から低農薬米を買っているので、ついでに玄米も購入している。圧力鍋で米の1.5倍の水を 入れ、錘が動くまで強火、動き始めて20分でできる。焦げ臭いにおいがしてきたら20分経たな くでも即止める。これを7食分くらい作って冷凍庫で保存しておくと楽。

雑炊:朝は玄米と納豆、卵、自家製キムチ、というメニューだったんだが、最近は前日の残り のみそ汁やスープなどにメシをぶち込み、納豆もキムチもぶち込み、雑炊にして食べる。メシ だと量いってしまうが、雑炊だと少しのメシで満腹感。

糸こん冷し中華:これはクッキングパパのぱくり。冷し中華の麺の代わりに茹でた糸こんにゃくかしらたきをつかう。たれはしょうゆベース、酢と砂糖をくわえ、ごま油も少量 いれる。こんにゃくはいくらくってもノーカロリー。

ごはんがすすむ君:これは朝日新聞連載のたべちゃる!とかいう記事に出ていたものの変型。なすは薄切りで塩揉み、にら、オクラ、あおねぎは成るべく細かく切る。 わかめもいれて、練り梅、とろろ昆布を入れて酢をかけてぐるぐるかきまぜる。塩味が薄かったので、常備しているにんにくしょうゆをたらし、しばらく放っとくと実にうまいローカロリーのおかずが。

酒:毎日は飲まない。原則として週末のみ、飲み会が平日入っても週末は飲む。飲んで締めの ラーメンはぜったいだめ。たまにはやっても翌日は朝飯野菜だけ、昼も少なめにして調整。

体重計:必ず毎日測って記録。最初のうちは朝いちばんと夜寝る前に測る。私は朝の方が体重 が軽いということがわかったのでその後は朝のみ測定している。多少喰いすぎたと思ったらそ れがデータとして現れるのですぐ修正が利く。

運動:食事だけで減らすのは実にきつい。身体を何か動かすと全然違う。車ばっかり乗ってると足が退化してなくなるぜ>ニョーボ。でも運 動嫌いの人はどうしたらいいかは知らない。減量だけの目的の運動もおもろしろくないので、 具体的な目標をあげる。青梅30キロ完走とか、ソフトボールのエースの座を奪う、とか。自分 は前にぶらさげたニンジンがあると結構長く頑張るが、それがないとわりとすぐ挫折する。

体質が変わった?:本当に突然、ある日、自分の体臭が無くなっているのに気づいた。はっき りいってわきが臭い、足が臭い、という体質だったのが、臭くなくなってしまった。なんな んだろうかこれは。減量のためにおいのもとがなくなってしまったのか、はたまた最近行った ある処置のためか? あまり肉くわなくなったためっちゅうのはありだろうな。

減量したメリット:体力が復活、古傷の膝が痛まない、昔の服が着れる、皮つなぎが着れる、みんなを びっくりさせられた、昔のともだちに会うとすぐにわかってくれる。

デメリット:最近の服が着れない、寒さに弱くなった。

 

2001年4月27日:
 2000年7月から高尿酸血症の治療を始めて約9ヶ月、順調に体重は減っているもののいつまで薬を飲み続ければよいのか疑問を持ったところ、通 常は一生飲み続ける必要があるらしい。何とかもっと減量して薬をやめられないかと思って記録することにした。

尿酸値と体重の推移

日付 尿酸値(mg/dl) 体重(kg)
1992.10.14 7.3 85.5
1993.10.20 7.0 87.5
1994.10.12 6.8 90.0
1996.10.15 8.0 92.5
1997.9.25 8.8 93.2
1998.9.25 9.3 94.8
1999.9.28 9.0 91.8
2000.7.24 8.7 89.0
2000.8.21 6.5 89.0
2000.9.14 5.1 86.6
2000.9.25 4.6 86.5
2000.10.16 5.5 86.5
2000.11.20 5.1 83.0
2000.12.18 4.7 83.0
2001.2.19 5.0 80.0
2001.3.31 - 80.0
2001.4.27 - 77.0

健康診断の記録のあるデータを抜きだしたので間隔がばらついているが、96年から尿酸値が危険になり始めている。98年は体重も最重量 を記録。自宅では97kgまで測ったことはあるが、実は100kg(0.1トン!!)になったことがあったかもしれない。減量 を始めて順調に月1.5kg減ペースで落ちていたが2月3月が停滞気味で、さらに気を引き締めたら急にまた減りだした。