横手市旭川「福龍」

2001/8/31新規作成

ダメおやじの会では幼稚園のバザーで焼きそばの屋台をやる予定で、今一部で話題沸騰の横手焼きそばをやりたいと思っていたところ、京都のとある店で知り合った女性がこの店のお嬢さんだった。横手焼きそばとは言うものの秋田県南では焼きそばといえばこのような焼きそばが出てくる。いわゆるソース焼きそばと違う点は、

麺:縮れた蒸し麺を通常使うが、太いストレートのゆで麺を使うのが一番の特徴

味:ソースがベースになっているが、出汁やドミグラスソース、焼き鳥のたれなど加えたその店独自の味が追加されている。ソースの焦げたあの焼きそばとは全く違う味

具:おおむねベースは一緒のようだが、肉はひき肉、紅ショーガのかわりに福神漬けが乗る店が多い。ホルモン焼きそばという焼きそばの上に痛めたモツが乗っているものを出す店も多い。

今回は野菜焼きそばを注文、一般的には肉タマゴというひき肉が入って上に目玉焼きが乗ったのが出るとのこと。

マスターの伊藤さん。なんかもう後光が差してるような光り輝く笑顔で迎えてくださった。ほんとにありがとうございました。